要件で異なる!システム開発で用意するサーバーの設置方法

プログラム処理をするサーバーの設置

Webブラウジングをするのが趣味という人はいますよね。インターネットに接続するときには、パソコンとサーバーという機器と通信していることを理解している方もいるでしょう。サーバーへリクエストを行って、処理された結果がネットワークを介して返ってきているのです。システム開発では、システムの要件でサーバーの機器設置場所を検討する必要があります。そのシステムが24時間365日稼働する要件があれば、地震や災害に強い建物に設置し、24時間有人による徹底管理を行います。

ハウジングサービスとは

サーバー設置におけるハウジングサービスとは、システム開発を依頼したユーザー企業が、自社でサーバー機器やネットワーク網を購入し、システム開発企業が用意する環境に設置することを指しています。システムに見合った適切なサーバー機器を選定できるのがメリットですが、初期コストが大きくなる傾向にあります。大規模なサーバー管理を行っている施設や形態をIDCと呼び、耳にしたことのあるのではないでしょうか。トラブル時に即時に対応できる運用保守体制が整っています。

ホスティングサービスとは

ホスティングサービスとは、システム開発企業が運営するデータセンターのサーバーに、開発したシステムを載せることを言います。システム開発を依頼したユーザー企業は、システムを載せる環境がすでに整っているため、初期コストを低く抑えることができます。小規模システムに適していると言えるでしょう。一つのサーバーを仮想的に複数に分割して複数のシステムが搭載できるようにしているので、サーバーの運用コストも低いです。その分、ハードのスペックや実行環境の選択肢の幅が狭いという点があります。

ノーツのマイグレーションをすることで、会社のサーバーに保存しておいたデータを取り出しやすくなります。会社のグループ間でのチャットなどをしやすくなるし、情報システム担当者はスクリプト作成も少なくなるので、仕事がしやすくなります。

Category: 未分類

- 2015年4月25日