求人広告の代理店が行なう基本的な仕事内容

求人広告代理店って何?

求人広告代理店とは、求人広告を運営している会社に代わって求人情報を記載したい会社を代理で探して原稿を掲載している会社です。主に営業から広告の原稿づくりまでを行なうのが一般的な流れです。インターネットのサイトやフリーペーパーなど求人広告のかたちは様々ではありますが、それらを運営している会社としてはなるべく多くの原稿を掲載しなければ一般消費者からの受けが悪くなりますので、代理店を広く募集しているのです。

どのようにして求人広告を売るのか

インターネットにしろフリーペーパーにしろ、求人情報を掲載するためには広告の枠を手に入れなければなりません。代理店はこの枠を売るための権利を得ているといえるでしょう。枠を売るために様々な会社に営業をしていくことになるのですが、その手法としてはテレアポや飛び込み営業をすることとなりますが、チラシなどを配ることもあります。他にも様々な方法があり、代理店ごとに手法が異なる場合もあります。このようにして、求人情報を掲載したい会社を探していくのです。

アフターフォローが大事になる

広告の枠を売れば、それで営業は終了というわけではありません。求人広告は限られた期間しか掲載することができないので、継続して広告を掲載する場合は追加料金を支払う必要があるのです。つまりはより長い期間、安定して広告収入を得るために代理店の営業はアフターフォローを欠かすわけにはいかないのです。どのようにしたら求人に応募する人数が増えるのか、などのアドバイスを継続的に行なうことによって、顧客と長く付き合っていくことができるのです。

業務委託とは、様々な作業や業務を代行して行う業者に任せることです。必要なスキルを持たないか、あるいはコスト削減のために利用されるものです。

Category: 未分類

- 2015年6月19日