太陽光発電は、どんな場所にも設置できるすぐれものです

最もオーソドックスな設置場所、自宅の屋根

太陽光発電といえば、日本においてその普及は、住宅の屋根から始まったといってもの過言ではありません。屋根は、建物の中で最も高い場所にあり、基本的には太陽光をさえぎるものがないため、ソーラーパネルを設置するには、最適な場所といえます。また、過程に設置された太陽光発電パネルによって発電された電力は、電力会社が早くからかなり高い単価によって、定額買取りを進めていたため、その普及に拍車をかけたとも言えます。

屋根は家だけではありません

住宅の屋根に設置することによって爆発的に普及したソーラーパネルですが、しかし、屋根は住宅だけではありません。ビルにも工場にも商業施設にも屋根はあります。しかし、家庭用のソーラーパネルによってできた電力の買取り制度はありましたが、事業用施設からのソーラー発電により作られた電力の買取り制度がなかったため、その普及はすすんでいませんでした。しかし、再エネ法案により、事業用売電が認められたため、工場や商業施設などの屋根にも太陽光発電システムが多く設置されるようになりました。

いままで使い道がなかった空き土地

例えば、広大な土地があれば、屋根のように、太陽光をさえぎるものがないので、太陽光発電にむいているといえます。広大な土地は、なかなか空きがないように思われがちですが、実は結構多くあります。特に、今まで使いようが無かった空き土地には、太陽光発電所がぴったりっだといえます。その最たる土地が、最終ゴミ処理埋め立て場だといえます。ごみが埋まった土地のため、使い道がほとんどなかったのですが、太陽光発電にはうってつけの土地だといえます。

太陽光発電の価格は、現在、初期投資が1KW当たり、約40万円弱が必要とされていますが、それにはシステム業者によっても違いがみられます。また、太陽光発電の場合には初期投資の回収がどの位の期間でなされるのかや、その期間におけるメンテナンス費用も含めて考慮する必要があります。

Category: 未分類

- 2015年4月27日