日頃の防災が大切!実践したい対策をご紹介

家具家電を固定しておこう!

震災に見舞われた際には家具家電の転倒が怖いですよね。過去の震災では家具家電が倒れてきてケガをしたというケースもあるようですので、倒れてこないように対策をする事が大切ですよ。その為にも防災グッズを役立ててみる事をオススメします!今では色々なグッズがありますが、タンスの上に転倒防止の為の突っ張り棒を取り付けたり、テレビの下に専用のジェルを付けて滑らないようにするグッズなど、これらのグッズを活用していざという時に備えておきましょう!

避難グッズを用意しておこう!

自然災害の規模によっては電気や水道がストップしてしまう事がありますよね。そんな時の為にも避難グッズを用意しておきましょう!お水や食料、懐中電灯、携帯の充電器、救急道具など、用意しておきたい物は色々ありますが、いざという時の為にも前以て準備しておく事が大切ですね。もちろん用意した道具はすぐに持ち出せる場所に置いておくようにしましょう!クローゼットの中などに置いてあるとすぐに持ち出せませんので玄関などに置いておくと良いかもしれませんね。

連絡の方法を考えておこう!

緊急事態が発生した時には携帯電話で連絡を取り合う方が多くなりますよね。回線がパンク状態になってしまい繋がり難くなる事がありますので、そのような時の為にも連絡を取る方法を考えておくと安心ですよね!例えば災害時用の伝言板を利用するのも良いですし、伝言ダイヤルを利用するのも良いかもしれません。また、このような災害時用の媒体がある事も知っておかなければ意味がありませんので、ご家族で確認してみるのも良いのではないでしょうか。そして連絡が取れないケースも考えて、避難場所について相談しておく事も大切ですよ!

震災などの災害時には、被災地に電話が集中し、そのために電話がつながりにくくなります。そこで、安否確認システムが重要になります。最近では、スマホのLINE(ライン)の既読システムが有効だとされています。LINEは、パケット通信ですので、災害時でもつながりやすく、被災地の家族などにあてたメッセージが既読になれば、とりあえず安心できます。家族などでグループを作っておくことがお勧めです。

Category: 未分類

- 2015年4月25日